ピンク映画を観に行ってみた。

こんにちは、えだまめです。

 

エクセスフィルムって知っていますか?

ピンク映画館って言われてるようですが。

 

今日は、そのお話し。

 

以前から気になっていた池袋の『シネロ○ン池袋』に行ってみた。

階段を下りていくと券売機があっておじいちゃんが購入中。

女性1,300円 男性1,800円

 

 

買い終えたおじいちゃん、こっち振り向いてきてニヤニヤ。

ドヤ顔でフルシカト。

受付でチケット渡してどうぞ~って言われたものの、どこに行けばいいのかわからず。

おどおどしてたら、ニヤニヤじいさんが扉を開けてたのでついて行ってみた。

 

早速、あっあ~~~ん!!!!!

結構なボリュームで響き渡ってたw

 

ざっと15人くらいはいただろうか。

空いてる席に座ってたら、ニヤニヤおじいちゃんがこっちまで詰め寄ってきた。

相変わらずこっちをニヤニヤしながら見てくる・・

 

何もしてきませんようにと願いながら、映画を観てるとニヤニヤおじいちゃんがパンを食べはじめた。

持ち込みOKらしい?

 

しばらく経って、ニヤニヤおじいちゃんが頻繁にこっちを見てくるようになり移動した。

一番後ろらへんがいいかな~って思ったけど、一番後ろは彼らのスペースみたいで後ろから二番目に座ることにした。

すると、数分してからニヤニヤおじいちゃんが通路挟んだ同じ列に座ってきた。

私たちを探すようにして・・・ウヒョォォォォォ

 

まぁ、ほっといて映画に集中しとくことにした。

1日3本の映画を上映するようで、どれもフィルムの古さを感じた。

80年・90年代のだろうか、できれば現代ものが良かった。

 

おっぱい以外の部分はモザイクもしくは見えないように撮ってた。

まぁ、規制があるのは仕方ないけどこれが個人的には微妙だった。

というのも、モザイクがあまりにも強すぎてた。

何が何だかよくわからず声がやたら響き渡るだけな感じ。

 

それでも男性は興奮するようで、ニヤニヤおじいちゃんはズボンの上から何かやってた。

ニヤニヤおじいちゃんは70代くらいに見えたけど、いる人だいたい60代~な感じだった。

いくつになっても興奮してたいんだね、これこそ人間の本能なのか。

 

何だかんだで3本目まで観てしまっていた。

すると、仕事帰りだろうか、ワイシャツに黒い鞄を持った外国人が入ってきたのだ!

外国人も来るんだね~なんて友達と語りながら3本目終了。

 

トイレ済ましてから階段登ろうとしたらその外国人ではないか!

『女性もいるから僕、びっくりしちゃったよ~』なんて声かけてきたので、アハハって言いながらスタスタ帰った。

 

そんなこんなで、中々面白い経験となった。

 

 

それではこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です