セリフのない演技!~日本初~

こんにちは、えだまめです。

まだまだ寒い日が続きますが、寒さに負けずに頑張っていきましょう!

 

ところで、みなさん『ギア-GEAR-』をご存知ですか?

京都初で、セリフを全く使わない演出らしく千葉ポートスクエアで観劇してきました!

*あらすじ

人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける、忘れ去られた古い元おもちゃ工場。
人間が去った今も働き続けるロボロイドたちの前に、かつてこの工場で作られていた
おもちゃの人形「ドール」が現れる。
ロボロイドは、異物に対する解析機能を通じて、ドールと触れ合い、ドールが持つ不思議な力により、
思わぬ能力を発揮する。
一方、ドールはロボロイドたちとの「遊び」を通じて、少しずつ人間に近づいていく。
そんな楽しそうな時間もつかの間、あることをきっかけに工場が大暴走を起こしてしまう。
そして・・・

 

セリフを使わずどう表現するのかワクワクしていましたが、中々面白くてあと泣けました。

セリフがない分、プロジェクトマッピングや色んなパフォーマンスで観客を盛り上げてくれました。

手品とかあったり、選ばれた観客がステージに立って参加するところもあるので中々面白いですよ。

海外から来た外国人のお友達とかにオススメです!

 

ちなみにラストは泣けました。

セリフが無くても泣ける不思議さ。

周りもほとんど泣いていて、もらい泣きで更に涙腺が・・・

 

感動あり、笑いあり、

子供から大人まで楽しめるんじゃないかな~って思います。

お時間があれば是非、観に行ってみてはいかがでしょうか?

 

それではこの辺でヽ(´▽`)/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です