台風

2019.09.9

台風

昨晩首都圏を直撃した台風15号、大変でしたね。
街の看板や建物が倒壊したり停電や交通機関の麻痺などあちこちに被害が及んでいます。
台風が去った後も油断せず、皆さん怪我や事故に注意してお過ごしくださいね!

 

ここでいつもの豆知識ですが、台風についている号数にはどういう意味があるのかご存知ですか?
これは「その年に世界で発生した順番」で、例えば今回の台風15号は2019年で15番目に発生した台風だということを意味しています。

「台風1号」など初期の号数をニュースで聞かないのは、南方の海で発生する事が多く、日本に接近する事が無いからだそうです。

 

ちなみに名前は国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案したものがあらかじめ140個用意されていて、発生順にローテーションで名付けられるそうです。

今回の「ファクサイ」はラオスが提案したもので女性の名前が由来。パンダみたいwと記憶に新しい「レンレン」は香港が提案したんですって。納得!

以下のページにわかりやすくまとめられていますので気になる方は読んでみてくださいね。

 

台風の名前の意味は?最高何号まで発生するの?

2019年台風13号レンレンの意味は?名前の付け方も調べてみた!

 

はまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です