【風俗街紹介】上野はこんなところです。お仕事探しの参考に

更新日:2017/07/25

東京都が誇る、一大観光エリアである上野。ファミリーで賑わう動物園や、いつも活気に溢れるアメ横。

 

美術館や博物館などの文化施設の多い文化の香り漂う街でもあり、寄席や落語などの伝統芸能に触れることができる街でもあり……。昼夜問わずに賑わう居酒屋や、きらびやかなネオンが眩しいスナック・キャバクラなど、さまざまな欲望が集う「遊びの街」でもあるのです!

 

場所的にはこの辺り(googleマップ)

 

かつては「北の玄関口」と呼ばれていた。新幹線も通っている。

上野の特長は、なんと言っても交通の便の良さ!JR上野駅だけでも、山手線・京浜東北線・宇都宮線、高崎線、常磐線が停まります。

JR上野駅から徒歩2分ほど。千葉方面から来る場合はこの線を使うと便利。

さらに地下鉄も銀座線・日比谷線が使えますし、JRと少し離れてはいますが、京成線・東武線もあります。どの方面からでも通勤には便利ですね。

むしろ、デリヘル店の待機所はこちらに近いところにあることも。

その上、隣駅であるJR御徒町駅までも徒歩5分程度。また、千代田線の湯島駅も近くにあるので、昼間はオフィス街で働くOLさんがアルバイトしやすいエリアでもあります。

JR上野駅から徒歩3分ほどで到着。夜になるとTHE・繁華街といったきらびやかなムード満点に。

当然、風俗店も数多く存在します。特に有名なゾーンは「仲町通り」。ここには店舗型ヘルスにホテヘル・セクシーキャバクラが密集しています。また、性感マッサージ店など、ソフトなサービスを売りにする店舗も多いですね。風俗初心者の方が、最初に足を踏み入れる場所として最適かもしれません。

上野エリア自体には数少ないラブホテル。

デリヘル、ソープランドもあります。特にデリヘルは近年その数が上昇傾向にありますね。とはいえ、上野周辺にはラブホテルの数が少ないため、プレイはもっぱらビジネスホテルやレンタルルームが主。鶯谷のラブホテルまで移動することも少なくありません。

昼間の仲町通りは人通りも少なく静か。夕方頃から一気に賑わいだす。

そして周辺エリアの特性上、金額的には「激安」売りをしている店も多いです。とはいえ、上野は繁華街でもあるので夜遅くまで多くの人で賑わっているのも確か。仕事終わりや呑みの後なんかにフラリと現れるフリー客も多いため、お茶を引いたり稼げないと感じることも比較的少ないと思います。

活気のある買い物横丁。朝から開いている飲み屋も多く、昼間から大勢の人たちが集まっている。

反面、上野は「朝から呑めるセンベロエリア」としても有名です。明るいうちはこちらのアメ横近くのエリアが大賑わい。その流れで風俗に行く男性も多いため、昼間だと稼げないなんてことは決してないのでご安心を。

 

ちなみに、上野エリアは明け方までまたは24時間営業の風俗店も多く、深夜に仕事をしている女性もいます。その仕事終わりに、朝から開いてる居酒屋でキュッと一杯やってから帰るのもオツなものですよ。

JR上野駅の中央改札口から出たら、すぐに丸井。

少しガチャガチャした街の雰囲気から、上野には大衆・下町などのイメージが強い方も多いでしょう。しかし駅前にそびえ立つデパート・丸井。最近、リニューアルされたばかりの駅ビル・アトレなど、オシャレ女子御用達のショッピングスポットもしっかり押さえているのが上野エリアのニクイところ。仕事前や後に、買い物もたっぷり楽しむことができます。

JR御徒町駅・千代田線湯島駅の近くにある。

また、エリア内にわりと大きめのドン・キホーテがあるのも嬉しいところ。セクシーランジェリーやアダルトグッズなど、ショッピングモールではなかなか売ってないようなものが仕事で急に必要となった時に、ササッと買いに来れるので有り難い!日用品も激安ですし、仕事ついでに日常的に寄っていくのもアリですね。

 

ここまで読んでいただければわかるように、知れば知るほど意外と奥が深い上野エリア。繁華街=夜だけ栄えてると思われるかもしれません。しかし、上野エリアはその概念をくつがえす、朝から晩まで人で賑わう繁華街なのです。つまり、どんな時間帯で働いても稼げるということ。自分の生活スタイルに合わせた稼ぎ方ができるでしょう。

 

家族が帰ってくる夕方までに稼ぎたい主婦の方から、昼間は会社で働いているOLさんまで。それぞれの事情を丸ごと受け入れてくれるこのエリアなら、効率よく稼ぐことができるはず。ぜひ上野で、貴女にとってよりよい風俗ライフを!

 

☆上野風俗求人情報☆

軽くのぞいてみようかなという子はコチラ!!

☆東京風俗求人情報☆

他にも色々見てみようかなという子はコチラ!!