祇園 風俗・高収入アルバイト一覧 

6件がヒットしました。更に絞り込む »

祇園ってどんなところ??

祇園イメージ

祇園は一般に祇園町と言います。東は八坂神社、南は建仁寺、西は鴨川付近、北は新橋通の広い地域の名前です。鎌倉時代から祇園社(八坂神社)の門前町として開けましたが、江戸時代からは遊興の町として発展しました。花街を中心に茶屋、料亭のほかにスナックやバーも多く、格子戸の続く家並みには往時の風雅と格調がしのばれています。

さて、祇園には有名な通りがいくつかあり、特に祇園町南側花見小路と祇園新橋白川が有名です。花見小路は、この祇園町北側と南側を貫く南北の通りで、北は三条通、南は安井北門通までの約1kmの通りになっています。花見小路通は、東西に通る四条通を境にして、北側には近代的なビルが立ち並んでいますが、南側は花街・祇園の顔ともいえる古都の情緒にあふれる町並みとなっています。また祇園新橋白川は舞妓さんが通うお茶屋が立ち並ぶ非常に古風で美しく、情緒のある街並みで形成されています。そして、その街並みは、祇園新橋として伝統的建造物群保存地区に指定されており、その歴史はもともとは、今の八坂神社の門前町として平安中期頃から発展して鴨川東岸の大和大路沿いに八坂神社の参拝客や芝居客相手の茶屋町が作られるようになり、それらは「祇園外六町」と称された場所です。春には桜が咲き誇り美しい風景が広がるので、観光と風景を楽しみつつ高収入を目指せちゃうオススメのスポットです♪

そして、祇園は年間を通してイベントも盛りだくさんです!皇服茶、かるた始め、蛭子社祭、七福神まいり、八坂神社例祭などがあります。中でも七福神まいりと、八坂神社例祭がオススメです!七福神まいりは、新年に七福神をまつる社寺を巡拝して開運招福を祈る風習で、室町時代に始まったといわれ、近代になって盛んになりました。七福神まいりには幾つものコースがあり、京都七福神・京の七福神・都七福神・泉涌寺七福神・天龍寺七福神などなどいろいろあります。彼氏と一緒に、おめでたい社寺を巡拝してみるのも良いかもしれませんね♪

八坂神社例祭は6月の祭事で、「東遊び」の奉納が行われます。東遊びとは「東遊びの耳訓れたるはなつかしく面白く」と「源氏物語」に描かれたように、平安時代の宮廷ではよく行われたという行事で、もとは東国の神事芸能だったため、東の名がついたといいます。舞殿では居並ぶ楽人たちが笛やひちりきなどで曲を奏で、舞人たちが典雅な舞いを披露します。歴史好きな女の子や曲を楽しみたい女の子にはピッタリな行事です!心身ともにリフレッシュしちゃいましょう♪

風情ある街並や興味をそそるイベント行事など盛り沢山ある地域で是非、Bwork-ビーワーク-からお仕事探しして働いてみませんか?

  1. 祇園風俗求人一覧

風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律を遵守した新風営法届出済のお店のみを掲載しております。